スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピンロトム考察

ダウンロード
第五世代以降の環境を踏み荒らしてきたポケモンとして代表的なのは”ロトム”だろう。
今までになかった電気タイプの複合タイプに加え、特性:浮遊によって実質電気タイプの耐性をタダで貰っているようなものであり、ファるムチェンジ前がゴーストタイプであるばかりに鬼火、痛み分け、トリックといった優秀な技を揃えている。
弱いわけがない。

しかしそのロトムの中で唯一産廃扱いされているものがある。それがスピンロトム(通称:扇風機)だ。
一説によると「飛行タイプによって特性が死んでいるから」だという。
本当に扇風機は弱いのだろうか
ここで扇風機と同じタイプ構成のポケモンを見てみよう

電/飛 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 特性
スピンロトム 50 65 107 105 107 86    ふゆう
サンダー 90 90 85 125 90 100 プレッシャー:
ボルトロス 79 115 70 125 80 111 いたずらごころ
エモンガ 55 75 60 75 60 103 せいでんき/でんきエンジン

この中で比較しなければならないのはサンダーであろう。
ロトムに比べてHが非常に高く、早い 特化したときの耐久指数は29550である。
だがロトムの耐久指数も27318と実際は1割も変わってはいない。
サンダーにしかない羽休めも痛みわけである程度代用でき、サンダーにはない鬼火、リフレクタ、トリックが使え、飛行タイプの一致火力もエアスラが使えるロトムに分がある。エレキネットが使えたりもする。
ついでに厳選難易度がまったく違う。

それでも

スピンロトムは本当に産廃なのだろうか


スポンサーサイト

新・第六世代対応ベトベトン

無題


のんきh84-a62-b228-d132
特性:粘着 持ち物:電気球
技構成
・しっぺ返し
・投げつける
・どくどく
・毒づき (守る、痛み分け、岩石封じ、火炎放射、ほか)

努力地振り:レート使用率1~12位を徹底的にメタった構成。

B 意地っ張りメガマンダの捨て身耐え。
D B<D 調整かつメガゲンのシャドボ確3。
A残り しっぺ返しで 剣ガルド低乱1(12.5%) h252メガゲン鬼火込み3発

ギルガルドの台頭によってパーティーの鋼メタが加速し、物理受けとしての鋼ポケが減ってきている・・・
ということで重要度の増した毒毒+αを撒くためのベトベトン。耐久ポケを相手にするのが仕事だが、最近の物理受けはボルチェン所持率が高いのでまとわりつくは切った。

高速ポケには電気球、耐久ポケには毒毒を入れる。
耐久ポケの眠る採用率も減っているので毒毒が入るだけで機能停止する相手が増えたっぽい。
本来のお仕事はロトム、サンダー、ポリゴンに毒を入れる事なので慎重D振りでもかまわない。

ガブとアロー以外には強気でいけるんじゃないだろうか。

一応
慎重HDベースA調整 
特性:粘着 持ち物:黒いヘドロ、オボン、カゴ
技構成
・どくどく
・しっぺ返し
・毒づき
・選択

こんな感じでも使いやすいと思う。


プロフィール

kusomomozu

Author:kusomomozu
ベトベトンを愛でましょう。
相互リンク大歓迎です。
3DSフレンドコード 4356-0464-3382

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター(過去作教え技)
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。